鳥取

米子医療センター

米子医療センターの医療職に就く職員は320人勤務しており、看護師以外の院内スタッフとの協力も重んじています。看護部では、看護師174名おり、効率の良い3交替の勤務形態で看護業務を行っています。

鳥取医療センター

鳥取医療センターに病床は548床あります。入院している患者さんの不安も思いやった看護を進めています。効率のよい固定チームナーシングを用いており、アセスメント能力を活用したミスのない看護を進めています。光トポグラフィー検査を用いたうつ症状の鑑別診断補助が行われており、医師、看護師など職員が連携を図り、高い質の医療技術を屈指した活動を行っています。

鳥取県立中央病院

鳥取県立中央病院には、431床あり、治療を受ける患者のメンタルサポートも欠かしません。病床が431床あります。治療中の患者のメンタルサポートも重点に置いています。入院患者は359名おり、入院患者と家族が心配なく入院を送れるような環境を用意しています。

鳥取市立病院

鳥取市立病院内において445名医療従事者が活動しており、周辺の医療機関と共同し、より質の高い診療を実施しています。固定チームナーシングを採用し、看護師の力を活用できるような看護が実行されるよう努めています。

野島病院

野島病院の住所は、鳥取県倉吉市瀬崎町2714-1で、地域住民から必要とされる医療に努めています。日本医療機能評価機構による評価を受けていません。医療の質が良い治療に努めています。看護体系は患者メインの10:1を用い、籍を置く看護師がオーバーワークしない勤務体系への考慮があります。

境港総合病院

鳥取内の境港総合病院の職員は、233名います。診療は、内科/神経内科/小児科/放射線科/外科/脳神経外科/整形外科/泌尿器科/産婦人科/耳鼻咽喉科/眼科/麻酔科の下、患者に求められる医療を実践しています。救急告示病院の厚生労働省からの指定を受けた病院として機能しています。指定された医療に対して重要な診療を進めています。看護師は看護師を考えた3交替で勤務しており、子育てとナースの仕事の両立を考慮して、看護師同士の相互協力も重視しています。

鳥取大学医学部附属病院

鳥取大学医学部附属病院の診療科目は循環器内科/内分泌代謝内科/消化器内科/腎臓内科/呼吸器内科/膠原病内科/精神科/小児科/消化器外科/小児外科/心臓血管外科/胸部外科/乳腺内分泌外科/整形外科/皮膚科/泌尿器科/眼科/耳鼻咽喉科/頭頸部外科/放射線科/放射線治療科/女性診療科/婦人科腫瘍科/麻酔科/いたみ緩和ケア科/歯科口腔外科/薬物治療科/形成外科/救急災害科/血液腫瘍科/神経内科/脳神経外科/脳神経小児科/遺伝子診療科/総合診療外来設けられています。外来診療を受ける患者に対し、正しく念入りな看護を行っています。インプラント義歯/筋強直性ジストロフィーの遺伝子診断/超音波骨折治療法/光トポグラフィー検査を用いたうつ症状の鑑別診断補助/パクリタキセル静脈内投与、カルボプラチン静脈内投与及びベバシズマブ静脈内投与の併用療法(これらを三週間に一回投与するものに限る。)並びにベバシズマブ静脈内投与(三週間に一回投与するものに限る。)による維持療法、再発卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がんを取り扱っています。看護師は先進医療の治療に関する学習にもつながるでしょう。